ツイート
トップ  >  ニュース一覧  >  『デス・ビリヤード』の若手原画3名にインタビュー!

『デス・ビリヤード』の若手原画3名にインタビュー!

2012-12-01 02:48:26
REPOTER 春日直

グーテンモルゲン!マッドハウス『デス・ビリヤード』担当の公式リポーターの春日直でございます。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
より一層寒くなってきて、ヒートテック様が大活躍ですね!
でも、電車の中だとちょっと暑くなっちゃって……

そして!
画像の解像度上がってるのはお気付きでしょうか?
デジカメを入手したので、今後はばっちりこれで撮っていきますよ~!!

トップ画像は、いつも『デス・ビリヤード』の会議をしている会議室です!

第6回目の取材である今回は、若手原画として参加されている、
鈴木 亜矢さん(写真2参照)、 南井 尚子さん(写真3参照)、
村上 泉さん(写真4参照)にインタビューして参りました!

 アニメーターになった経緯

ところで皆さん、アニメーターになったきっかけってズバリなんだったのでしょう?

鈴木さん:元々絵を描くことが好きでした。
アニメーターになったきっかけは、アメリカの高校の担任(アメリカではカウンセラーという)と先生方です。
映像作品(アニメ・実写問わず)が好きだったこともあり、
職業として身につくように協力的に進路を考えて下さいました。

それから、仕事としてやっていけるんだなあと思い、この業界に来ました。

南井さん小さいころから絵を描くことが好きでした。
はじめは漫画家になりたかったんですが…
もののけ姫のメイキングを見てからは、絵を動かすことに興味が出てきてアニメーションをやりたいと思うようになりました。
小学校の卒業文集に「アニメーターになる!」と書きました。

村上さんお絵かきしていれば良い仕事が良かった」のもあり、アニメーターになりました。
美大に入っていたので、大学に入ってからアニメーターの存在を知りました。
アニメーターになろうと思ったのは、就職活動を意識しはじめた大学3年生ですね。

そういえば、前回も、もののけ姫の制作現場の特集がきっかけと仰っていた方がいらっしゃいましたね。
もしかしたら、年代ごとにきっかけを調べてみるとたくさん共通点が出てきそうですね!

実際に、仕事は楽しいですか?という質問に対し、皆さんは
「楽しいかどうかはわからないですけど、好きなことなので…」と仰っていました。
やっぱり好きなことを職にできるのは羨ましいですね…!

ちなみに、動画歴は以下になります。
鈴木さん : 原画のみ2年
南井さん : 3年半
村上さん : 1年半


と、いうことは……?!
今回、鈴木さんと小松さん以外は初原画なのです!

ちなみに鈴木さんは帰国子女で、海外でアニメについて学ばれています。

 アニメミライに参加して

アニメミライに参加された経緯と、実際に参加してみての感想を教えてください!

鈴木さん:(経緯は)日本に来るきっかけになったマッドハウスの他の作品の仕事を以前していて、その繋がりで紹介されました。
海外と日本では、(アニメの)制作過程が異なっているので、
日本のアニメ業界のシステムを学ぶためにアニメミライに参加しました。
(海外の場合は「担当のキャラクターしか描かない」など、
作画自体が「キャラクター」「エフェクト」「レイアウト」などと担当が分かれています。)

(アニメミライについては)ここでなければ、振られない作業も振ってもらえます。
なので、そういった作業にチャレンジできるのがありがたいです。
カットの修正のやり取りもしっかりとできるのが良いですね。

これについては、立川監督も、
「やりたいカットを選んでもらってるけど、振られたのをこなすのが本来の作業」
と仰っておりました。

南井さん:(経緯は)マッドハウスの原画試験(動画から原画になるための試験)に合格して、その流れで参加しました。
(アニメミライについては)全体的に大変ですけど、技術面で苦労しています。
具体的には、空間の把握ができない……とかですかね……
もっと頑張らなければならないなあと思いました。

村上さん:(経緯は)同じくマッドハウスの原画試験に合格して、その流れで参加しました。
即答しました!
(アニメミライについては)テレビシリーズの経験がないので、なんとも言えませんが……
時間がないです!もっと修正したかった、と思ってしまいます。
比べるものがないので、次の仕事に入ったときに経験を実感するのだと思います。

これについて角木Pは、
「テレビシリーズの作業の感覚がわからないので、
アニメミライが終わってから実感するのだろうと思います」

と仰っておりました。

なるほど。
アニメミライという事業は、
参加されるアニメーターさんの経歴によって、様々な視点で学びへと繋がっていくのですね。
流石育成事業。奥が深いです。

さて!
2回に分けてお送りして参りました若手アニメーターさんへのインタビューですが、
皆様いかがでしたでしょうか。

春日は取材を重ねて現場を目の当たりにするにつれ、
「アニメ業界の人、いつも忙しそう…大変そう……」
と感じたのと同時に
「好きな仕事をしている人って、お仕事のお話をするときに活き活きしているなあ」
と思いました……!!!


 現在の進行状況

スケジュールがかつかつなのは相変わらず。
作業を黙々と続ける若手アニメーター達!!!(写真5参照)

こ、このスケブ…!
村上さんの机の上にあったスケッチブックなのですが、
村上さんがニコニコしながら差し出して下さったので何かと思えば、
表紙のイラストにある本の背表紙が…!(写真6参照)


そんなこんなで!
次回は制作進行の三浦 慧さんにインタビューを予定しています!
番外編では意外なところで大活躍していることがわかった制作進行さん。
ところで、制作進行って何をするお仕事なのでしょう…?次回をお楽しみに!

ご質問・感想などは、アニメミライTwitter公式アカウントまで☆



   マッドハウス公式HP   

2013-09-02 22:57:27

アニメミライ2014 公式リポーター募集のお知らせ

文化庁の平成25年度若手アニメーター等人材育成事業(アニメミライ2014)について、 昨年度に続き、...

2013-05-28 16:08:18

アニメミライに参加を希望される若手原画アニメーターの皆さんへ

アニメミライへの参加を希望される若手原画アニメーターの皆さん、お待たせしました。 アニメミライ...

2013-05-21 17:24:13

アニメミライ2014 参加社決定!

5月15日(水)、アニメミライ2014の選定・評価委員会が開催されました。 15社17企画について約10時間にも...

2013-05-01 00:12:36

マチ★アソビ vol.10に参加します!

諸君、アニメミライは還ってきた。ホームタウン、徳島の地に! というわけで、アニメミライ2014、マ...

2013-04-26 00:00:00

アニメミライ2013 パンフレットの正誤表

アニメミライ事務局では、内容に誤りがないよう細心の注意を払いパンフレットの製作をしております。し...